メインコンテンツに移動
ArmaFlex insulation from Armacell offers reliable condensation control

許容できる結露量はどれくらいでしょうか?ゼロです。

保温不良の98%は湿気に関連しています。 Armacellが高品質な保温材と吸音材をお客様に保証するために毎年30,000回の品質検査を実施する理由をご紹介いたします。当社の期待を超える製品を使用して、湿気の侵入、保温材下の腐食、およびシステム障害を防ぎましょう。

保温不良の98%は湿気に関連しています。

結露は周囲の空気が水蒸気によって100%の飽和状態にある際に発生します。保温が不十分な場合には温度差により保温パイプの結露が発生し、表面に流出する可能性があります。一部の保温材は、湿気の侵入を防ぐために外装の水蒸気バリアに頼っていますが、これはアルミニウムのような薄いカバーであることが多く、設置中または時間の経過と共に容易に損傷してしまいます。この水蒸気バリアが損傷すると水蒸気が侵入し、保温材が濡れる可能性があります。これは冷却システムや冷水パイプシステムでよく発生します。

kpi background image

結露を許容しない

Icon-Insulation

保温性能の低下

保温材が湿っていると保温性能が低下し、冷水パイプをエネルギー損失から守ることが難しくなります。

Icon-Moisture on tube

保温システムの劣化

湿気の侵入により保温材が劣化し、保温システムは機能不全となります。

Icon-Mask

カビの潜在的な繁殖地

保温材に蓄積した湿気はカビの繁殖を助長し、室内空気の質の低下や建物を利用する人々の健康リスクにつながる可能性があります。

結露や水蒸気の侵入を防ぐために、適切なソリューションを採用しましょう。

適切な保温システムが正確に設置されている場合、効果的に熱損失を削減することができます。これは建物内の温度快適性を維持するために使用される総エネルギー量の最適化に役立ちます。通常、システムエンジニアは保温材外面の結露防止と水蒸気の侵入回避を考慮しています。

Dr Peter Cheng, Armacell’s Technical Marketing Manager APAC

保温材の適切な設置は、建物内の温度快適性を維持するために使用される総エネルギー量の最適化に役立ちます。

適切な高品質ソリューションを選び、エネルギー損失を防ぎましょう。

建築部門だけでも最大で全体のエネルギーの40%を消費するため、建築分野における省エネルギーに焦点を当てることが重要です。調査により、保温材などの既存かつ実証済みの技術を活用することで、建物のエネルギー必要量を節約できることが示されています。今後、より厳しいエネルギー効率規制やグリーン・ビルディング・コードが世界的に適応されることが予想され、それにより高性能保温材の需要が増加します。Armacellは、お客様に信頼性と一貫性のある高性能保温製品を提供するために、毎年30,000回の試験を実施しています。

適切な保温材が正しく設置されると、結露が防止され効果的に熱損失が削減できます。これは、建物内の温度快適性を維持するために使用される総エネルギーの量の最適化に役立ちます。

 

Discuss with Armacell how to create the ideal insulation system for your projects.

お客様の期待を超えるために当社ができることについて話し合いましょう。

お問い合わせ