メインコンテンツに移動
Urbanisation causes short-term frustration and has long-term health repercussions.

高品質な音響ソリューションで人々を騒音から守る

過剰な騒音は、世界人口の76%にとってフラストレーションの原因の第1位です。また、取り返しのつかないダメージを与えることもあります。Armacellのテクニカルな保温ソリューションにより、音響を今まで以上にコントロールし、騒音を軽減し、生産性を向上させ、生活水準を向上させることができます。

Two pages of Armacell's acoustic control whitepaper

ホワイトペーパーでは、音響制御について詳しく説明しています。

音響の課題を解決するには、ノイズの発生源を正しく特定し、それがどのように広がっているかを理解し、コントロールするための適切なソリューションを用意する必要があります。さまざまな種類の音をどのように分離し、どのように対処すればよいのでしょうか?ホワイトペーパーをご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロードする

音響制御をより良いものにするために

このビデオでは、Armacellの技術的な保温ソリューションがどのように優れており、究極の騒音低減と音響快適性を提供するかをご紹介しています。

騒音は健康問題に影響を与える環境要因の第2位です。

現在、4億3,000万人以上の人々が難聴の影響を受けていると言われています。これは5人に1人の割合で、この問題は時間とともに悪化していきます。2050年には、7億人以上、つまり10人に1人が難聴になると言われています。

kpi background image

騒音障害の影響

Excessive noise is the #1 source of annoyance for 76% of the world's population.

世界人口の76%は騒音が最も迷惑だと感じています。

過度の騒音はフラストレーションの原因となり、騒音と共存するためのライフスタイルの変化が必要となる可能性があります。

One in five people suffer from hearing loss today.

現在、5人に1人が聴力障害の影響を受けています。

現在、世界人口の5.5%もの人が内耳障害を抱えています。2050年には、10人に1人が難聴になると言われています。

20% are annoyed by noise from areas like sanitary pipings at night.

調査の回答者20%が、夜間の不快な衛生設備からの騒音に敏感になっています。

このようなことが夜間に起こると、睡眠を妨げ、生産性を低下させ、潜在的な健康問題につながる可能性があります。

防音材を早めに検討すべき理由。

都市や産業の急速な発展により、住宅地は建設現場や交通の要所など、騒音の激しい場所の近くに位置することがあります。そのため、騒音対策は設計の初期段階から常に含まれる必要があり、騒音障害をうまく軽減するために必要な保温ソリューションの概要を説明します。

Discuss with Armacell how to create the ideal insulation system for your projects.

以下のArmacellのオフィスにお問い合わせください。より良い音響制御を実現するためのお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせはこちら